風評被害を学ぶ

風教被害とは?

風評被害について

実際に起きている影響

風評被害というものは、実際にはありもしない原因であったり、その結果などからくる噂によって引き起こされる被害を言います。

一番多いケースでいうと災害や、事故などによっての不適切な情報や、もしくは誤報が元となってしまい、生産物の価値が下がってしまったり、実際にはない汚染について身構えてしまい市場での消費が停滞してしまうことによって、それらの事故などに関係がないような場所や企業に損害を発生させてしまうことです。

その中で災害や、事故の発生によって直接的な被害を国民が受けてしまうことを避けるために農産物を、一時的に出荷停止するということは、故意に引き起こすものですので風評被害とはいいません。

さらに最近になってきて、インターネット掲示板や、その他のインターネットサービスによって、株価を操作してしまうというタイプの風評被害も起きています。さらに、これを利用することによって、故意に株価を操作した疑いがあるということによって逮捕者も発生しています。このようなことから、企業においては風評被害が起きないように努力していく必要があります。

ですが、1997年に日本海で発生した事故である、ナホトカ号の重油流出のときにはただの風評被害のみということではなく、水産業界であったり、もしくは観光業会が大きな被害を被りました。そして、2001年にアメリカで発生した同時多発テロが起きてからというもの、それをきっかけとした爆弾テロなどが非常に多く発生しました。

ですので、風評被害によって引き起こされた災害であるのか、それとも事故によって引き起こされた危機回避を目的とした判断なのかを明確に分けることはとても難しくなってしまいます。そして、このような風評被害対策のための取り組みが最近では多くあります。

たとえば、2000年6月に行われたのは、産業廃棄物処理施設であったり、または産業廃棄物溶融施設が建設されている直島町という場所では、風評被害対策条例という条例まで施行されました。

スポンサードリンク

風評被害の基礎知識
風評被害の特徴
ネット風評被害
風評被害 掲示板対策
風評被害の実例
Copyright (C) 風評被害について学ぶ All Rights Reserved